近頃食事をした翌日に胸焼けを覚えることが増えてきているのであれば、もしかすると逆流性食道炎を発症しているかもしれません。

逆流性食道炎とは、その名前通り胃酸が逆流することによって食道に炎症を起こす症状の事です。
胃酸は食べた物を溶かす働きを持っていますが、胃には胃酸から自分自身を守るバリアがあらかじめ作られているため胃酸によって胃の壁が溶けることはありません。

しかし食道には胃酸を守る防衛機能は備わっていないので胃酸が逆流して食道にまで達すると食道がダメージを受けます。
この頻度が増えることによって食道が炎症を起こします。

逆流性食道炎になる原因にはいろいろありますが、一つは加齢によるものです。
加齢によって筋肉が衰えると、運動だけではなく、内臓の働きにも影響を及ぼします。
加齢によって筋力が衰えると、胃や食道などの運動機能も低下します。
すると本来は逆流することのない胃酸が食道にまで逆流するようになることがあります。

逆流性食道になる原因は加齢だけではありません。肥満気味の人もまた逆流性食道炎になりやすいです。
肥満と逆流性食道炎との繋がりは現在研究中ですが、肥満の人はお腹周りに脂肪が付くため、お腹の圧力が普通の人よりも高いです。
そのため胃酸が逆流しやすくなるのではと考えられています。

消化器官ですから、毎日の食生活も大きく関連性があります。特に脂肪分の多い食事を頻繁に摂取している人は要注意です。
脂肪分が多い食事を多く摂取し続けていると、何も食べていない時に食道の括約筋が緩んだ状態になります。
すると食道が食べたものを下に送る活動が弱くなり、胃の中の食べ物が食道に逆流しやすくなると言われています。

また、脂肪分の多い食事は消化しにくいため、胃に入った時に胃が普段よりもたくさん胃酸を分泌するようにします。
普段より胃酸が多く分泌されることもまた、胃酸が食道に逆流しやすい条件を生み出す原因となっているのは言うまでもありません。

仕事のストレスによっても逆流性食道炎になる理由

逆流性食道炎はかつてはどちらかというと、ある程度年齢を重ねた高齢者に多い病気とされてきましたが、最近ではそうではなく、むしろ若い人に逆流性食道炎を発症する人が増加傾向にあります。

特に若い人は会社では下の立場なので、毎日失敗しないように神経を張り詰めさせながら仕事をしている人がほとんどで、ストレスを強く感じやすいです。

ストレスによって直接胃酸が食道に逆流しやすくなるわけではありませんが、さまざまな影響によって胃酸が食道に逆流しやすくなる条件が揃います。

ストレスを受けることによって食道が胃酸に対する感受性が高くなります。
するとちょっと胃酸が食道に到達するだけで食道が過敏に反応することになります。
それによって胸焼けを感じたりしやすくなるのです。

ストレスを受けると自律神経も正常に働かなくなります。
自律神経は私たちの内臓が正常に活動するためには必要不可欠で、自律神経には交感神経と副交感神経があり。
二つのバランスが保たれていることによって私たちの内臓は正常に活動しています。

副交感神経はリラックスしているときに優位になるのですが、ストレスを常に受け続けていると、交感神経ばかりが優位に立って、副交感神経の働きが鈍くなります。
すると私たちの内臓は十分な休息が取れなくなり、さまざまな悪影響を及ぼします。

自律神経の働きが乱れることによって食べ物が胃に無い状態の時でも胃酸が分泌されます。
このため、仕事などでストレスを強く感じると胃炎など胃の不調を訴えることが多いのですが、胃酸の分泌量が増えるという事は胃酸が食道に逆流する可能性もまた、高くなります。
更に自律神経が乱れることによって食道自体の働きも正常ではなくなるため、更に逆流性食道炎を起こしやすくなるのです。